菊池幸見著「走れ!健次郎」(祥伝社)

 東京国際マラソン、びわ湖毎日マラソンなど2月、3月は国際級のマラソン大会が毎週のように開催されています。そんなマラソンの季節に合わせたわけではないのですが、マラソン大会を題材にした小説をご紹介します。


 作者の名前は 菊池幸見さん 聞いたことある名前。

そうか地元IBC岩手放送の人気アナが本を出したのか。しかも盛岡を舞台にしたマラソン小説を。これは読んでみるかと、帯書きを見ると。


このレースはどこかおかしい、何かが違う――

先頭集団が5キロのチェックポイントを通過したとき、地方局アナウンサー桜井剛は奇妙なことに気がついた。 盛岡初の国際マラソン大会。

スタートから男がずっと走っているのだ、沿道を。しかもトップについて! たった一人、誰の声援も受けず、なぜ彼は走り続けるのか? 実況が成功すれば、キー局への移籍も夢ではない桜井は男の存在を無視するが……。 

快調にレースを引っ張るマラソン界のエース、大会を後援する大手スポーツメーカー社員、アナウンサーの妻、多くの人たちの想いが、謎のランナーに絡まっていく。 熾烈なレースの行方は? そして男のゴールとは?

やがてその走りは、観る人の心を変えていった――。爽快マラソン小説誕生!


マラソン大会の実況をテレビで見ていると、テレビカメラを意識して沿道を走るにわかランナーを時々見かけます。この物語ではトップランナーと競うように42.195kmを走り切ります。まさかと思いますがこれが物語なのです。


著者はIBC岩手放送の菊池幸見アナウンサー。岩手県人なら誰もが知る、岩手弁を駆使し面白い話をする有名アナ。この方は多彩な芸を身に着けているようで、これまでにも「泳げ、唐獅子牡丹」「翔けろ、唐獅子牡丹」を書いていることを知りました。


全260ページの内、優に200ページはマラソン大会のスタートからゴールまでの様子を登場人物と絡めて描いています。


中継を担当する事になった地方局みちのく放送のアナウンサー、実行委員会に出世をかけて出向してきたスポーツ企業の社員、出場している選手など、大会に関わる様々な人々の人生、心理が描かれています。


大会前までの部分では物語に入って行けるか微妙でした、レースが始まってからはどんどん引き込まれ、休日午後の一気読み。

滝沢ニュータウン、小岩井農場など盛岡はもちろん、滝沢、雫石の地名がコースの中に出てきます。そして、この物語には悪い人は誰一人出てきません。だからなのか読んでいて気持ちが安らぐ1冊です。

この本、一関、川崎、千厩、室根、藤沢の各図書館で借りることができます。


 

 アクセスカウンター
 

 

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. ふくはら駐車場
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング