一関市女性センター チャリティバザー

・11月29日(土)から毎年恒例のチャリティバザーが女性センターで開催されました。昨年は到着した時点ですでに終了間際だったので、今年はこれから始まるであろう熱い戦いを見逃すまいと開始15分前に到着し、会場の下見をして準備万端の体制をとりました。


・売り切れ次第終了ということで例年大人気のチャリティバザーには大勢の方が来場するため、10時の開始前に並ぶ人に整理券を配っています。今回は55枚の整理券を配ったとのこと。私が到着した時点で、二階へ続く階段の途中まで列ができていました。


下から見た図。この人波を「失礼いたしまーす」を10回位連呼しながら通り抜けていきました。
下から見た図。この人波を「失礼いたしまーす」を10回位連呼しながら通り抜けていきました。
入り口前から見た図。臨戦態勢を整えているように感じたのは気のせいでしょうか?
入り口前から見た図。臨戦態勢を整えているように感じたのは気のせいでしょうか?
ギフトの未使用品や洗剤や箱ティッシュなどの生活必需品、洋服など女性センターらしい品揃え。お客様には男性の姿もちらほらありましたが。
ギフトの未使用品や洗剤や箱ティッシュなどの生活必需品、洋服など女性センターらしい品揃え。お客様には男性の姿もちらほらありましたが。
開始3分経過。この盛況ぶり!
開始3分経過。この盛況ぶり!
赤いエプロンを身に着けているのは、女性センターで活動している自主クラブから動員された皆さん。およそ20人体制で接客・会計などを行います。お揃いの赤エプロンに「統一された美しさ」を感じました。
赤いエプロンを身に着けているのは、女性センターで活動している自主クラブから動員された皆さん。およそ20人体制で接客・会計などを行います。お揃いの赤エプロンに「統一された美しさ」を感じました。

・デパートの婦人服バーゲンのような壮絶な修羅場を勝手に想像して(期待して?)いましたが、そこは女性センター。走ったりドタバタする場面は見られず品格すら感じさせます。自分の妄想が恥ずかしい・・・。


・女性センターのスタッフに伺ったところ、この日はあいにくの雨模様で、例年に比べると客足が鈍かったそうです(それでも開始前に50人以上並んでいたわけですが)。最終的に売り上げがいくらになったのかは聞かないでしまいましたが、このチャリティバザーの売り上げは全額一関市社会福祉協議会に寄付されるとのこと。


・品物を提供した人は善意を形に出来たり、遊休品を処分出来て家が片付いたりして嬉しい。品物を買う人は市販価格よりかなりお得に買えて嬉しい。売り上げを寄付された社協さんや、受益者はもちろん嬉しい。WINWINならぬWINWINWIN?もしかすると品物を集める段階が大変なのかもしれませんが、少人数体制でみんなが嬉しいチャリティバザーを運営する女性センターの皆さんに拍手を!


・そして赤いエプロンの皆さんにも「お疲れ様でした~」


 

 アクセスカウンター
 

 

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. ふくはら駐車場
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング