ケアセンターいこい

小野寺 喜美雄 さん
小野寺 喜美雄 さん

基本情報

(idea 平成25年5月号掲載)※掲載当時と現在では情報が変わっている可能性があります。

統轄施設長:小野寺 喜美雄 様 

事業所(事業総本部・本部事務局)

  〒021-0893 一関市地主町2-26

電 話:0191-31-1514

法人認定日:平成11年12月20日

住み慣れた地域の方々と交流を図りながら、一人ひとりが穏やかに、より生き生きと暮らすための支援を。

「信頼・親身・進取」を社是に

 ケアセンターいこいは、平成11年3月に弁当配食や理容師ボランティアをしていた仲間が集まり、団体を設立。翌年、介護保険制度が改正されたのを機に、「NPOとして地域に貢献したい!」と思い立ち、法人格を取得。現在は高齢者・障がい者に対する介護と福祉に関する支援を主な目的として、市内7カ所に事業所を設置。135名の職員と共に活動を展開しています。「お世話した人に感謝されると、活動を続けていて良かったと思います。」と語るのは、統轄施設長の小野寺さん。団体設立当時から運営に携わり、持ち前の優しい笑顔で地域の方にサービスを提供し続けてきました。

 同センターの事業内容は、介護相談支援・訪問・通所介護、有料老人ホーム、グループホーム等。  

始めは、利用者さん一人ひとりに合ったケアプランを提案し、その後はその計画に沿ってサービスを提供します。高齢化により介護福祉サービスの需要が高まる中、事業範囲拡大のため、今年中に、新たに三関地区にグループホームを建設予定です。

 

 

地域イベントの開催と「夢の自動販売機」の設置

 お世話になっている地域への恩返しの意味を込めて、三関で毎年8月に「サマーフェスタ」を開催。ステージでは踊りや歌、縁日コーナーや飲食ブースを設け、イベントには地域住民400~500名が参加。今年で9回目を迎えるフェスタは、開始時間前から場所取りの方が来るなど、楽しみにしているお客さんも増えてきているようです。その他、一関市夏祭りへの参加や、11月のスポーツ少年団駅伝ではバザーの売上金を寄付する等の活動を行っています。

 さらに、3月から地主町にある総本部と平泉にある事業所の2カ所に「夢の貯金箱」プロジェクトの自動販売機を設置。夢の貯金箱とは、日本財団が推し進めているプロジェクトで、専用の自動販売機を設置することにより、飲み物の購入額のうち10円が日本財団「夢の貯金箱」に寄付されます。集まった寄付金は「大切な命」をテーマに社会貢献活動を行うNPO団体の活動に100%支出され、大切に活用されます。新規設置や置き換えによる費用は無料で、設置団体にかかる費用は毎月の電気代のみ、現在も設置パートナーを募集しているとのことです。ケアセンターいこいでは、日頃車両の助成等でお世話になっている日本財団様に、市民からも応援されるようにとプロジェクトへ参加いたしました。プロジェクトを通じて、一関市内の市民活動団体へも支援の手を広げようと試みています。

 

 

地域のいこいの場所であり続けるために

 小野寺さんは「高齢者の増加に伴い、色々な問題を抱えている方がいると思います。その問題や悩みを、行政だけでなく私達にも相談してもらえるように、施設や窓口を増やしていきたい。そこで、お客様の希望に沿ったサービスを提供し、生まれ育った地域で最後まで安心して暮らすためのお手伝いをさせてほしい。」と笑顔で話してくれました。

 

 アクセスカウンター
 

 

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. ふくはら駐車場
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング