GOOOU!!&tornaDOOO!!

・10月12日から11月9日まで、北上川学習交流館「あいぽーと」でゲリラ豪雨展が開催されています。その名もGOOOU!!(豪雨)&tornaDOOO!!(トルネード)。タイトルからして物凄い豪~雨と物凄い竜巻(トルヌェ~~~ドを想像させます。


・今回のゲリラ豪雨展は、聞いたことはあるけどうまく説明できない「ゲリラ豪雨」「1時間に30ミリの雨」といった雨の減少や防災のポイントについて紹介する巡回企画展で、大学の学生や教員、気象キャスター、展示プランナー、デザイナー、国土交通省の職員などの有志のメンバーからなる「水の巡回展ネットワーク(jawanet)」によって企画・開発されたものだそうです。

あいぽーとの玄関を入ると「ゲリラ豪雨展開催中」の案内が。
あいぽーとの玄関を入ると「ゲリラ豪雨展開催中」の案内が。
企画展は「ゲリラ豪雨の発生から収束」を学校帰りの小学生の行動をたどるストーリー。何やら迷路に入る感覚で入口へGO!
企画展は「ゲリラ豪雨の発生から収束」を学校帰りの小学生の行動をたどるストーリー。何やら迷路に入る感覚で入口へGO!
写真が見にくいですが、実際の豪雨の状況をヘッドフォンで体感するコーナー。音の臨場感がすごく感じられました。
写真が見にくいですが、実際の豪雨の状況をヘッドフォンで体感するコーナー。音の臨場感がすごく感じられました。
ゲリラ豪雨による床上浸水を仮想体験。手前の手押しポンプを動かしてリビング(映像)にたまった水をくみ上げます。ポンプの水は本物を使うというこだわり
ゲリラ豪雨による床上浸水を仮想体験。手前の手押しポンプを動かしてリビング(映像)にたまった水をくみ上げます。ポンプの水は本物を使うというこだわり
「雲をつくってみよう」のコーナー。炭酸飲料用のペットボトルに炭酸水を入れ、キャップをして徐々に空気を入れていくと、パンパンになったペットボトルのキャップを空けた瞬間、ペットボトルの中に白い期待が発生!これが雲なんだそうです。
「雲をつくってみよう」のコーナー。炭酸飲料用のペットボトルに炭酸水を入れ、キャップをして徐々に空気を入れていくと、パンパンになったペットボトルのキャップを空けた瞬間、ペットボトルの中に白い期待が発生!これが雲なんだそうです。
たたみ1畳分に30ミリ(3センチ)の雨が降った時の雨の重さを、ペットボトルを使って実感。重い。ちょっと動かせませんでした。
たたみ1畳分に30ミリ(3センチ)の雨が降った時の雨の重さを、ペットボトルを使って実感。重い。ちょっと動かせませんでした。
雨の降る仕組みや身を守るためのポイントなどがパネル展示されています。
雨の降る仕組みや身を守るためのポイントなどがパネル展示されています。

・今回の巡回企画展は、北上川学習交流館にふさわしいテーマではないかと思いますし、近年あちらこちらでゲリラ豪雨の被害が出ており、こういった情報を知っておくのは意味のある事。いつどこで自分の身に訪れるかわかりませんからね。


・子供でも体験できるコーナーもあり、気象に興味のある方や、あいぽーとの名前は知っていても行ってみる機会がなかったという方は、この機会にぜひ親子で見学してみてはいかがでしょうか?「あいぽーとへGOOOO!!」


 

 アクセスカウンター
 

 

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. ふくはら駐車場
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング