2014年

11月

01日

第65回一関文化祭展示部門


・11月1日から三日間開催される一関文化祭展示部門は、なのはなプラザ2階のにぎわい創造センターが会場です。1日のお昼休みにちょっとだけ覗いて来ました。


・絵画はもちろん、書、菊花、華道、俳句、写真等、多彩なラインナップ。私はそれらすべての才能に恵まれておらず、展示された作品を見て「素晴らしい」とか「素敵だな」という言葉しか出てきません。本当にそれぞれの分野で出品された方が羨ましい限りです。


・11月1日から三日間開催される一関文化祭展示部門は、なのはなプラザ2階のにぎわい創造センターが会場です。1日のお昼休みにちょっとだけ覗いて来ました。


・絵画はもちろん、書、菊花、華道、俳句、写真等、多彩なラインナップ。私はそれらすべての才能に恵まれておらず、展示された作品を見て「素晴らしい」とか「素敵だな」という言葉しか出てきません。本当にそれぞれの分野で出品された方が羨ましい限りです。


1階からの階段を上りきると看板がお出迎え。
1階からの階段を上りきると看板がお出迎え。
沢山の作品が並ぶ会場は美術館さながら。
沢山の作品が並ぶ会場は美術館さながら。
我が民区の区長さんの作品。個人的に風景画が好きです。
我が民区の区長さんの作品。個人的に風景画が好きです。
どなたかの作品の一部のアップ。綿毛1本も丁寧に描いていて感動しました。しばらく見ているとだんだん写真に見えてきます。
どなたかの作品の一部のアップ。綿毛1本も丁寧に描いていて感動しました。しばらく見ているとだんだん写真に見えてきます。
こちらは写真。何かの一瞬を切り取った1枚が、見るものに何かを感じさせます。
こちらは写真。何かの一瞬を切り取った1枚が、見るものに何かを感じさせます。
俳句。俳句なら素人でもなんとかなるかなと思ったりしますが、やっぱり発想や着眼点、表現力が違います。
俳句。俳句なら素人でもなんとかなるかなと思ったりしますが、やっぱり発想や着眼点、表現力が違います。
菊花は育てるのに手間がかかるのだそう。正直素人の私は作品の良しあしの違いが全く判りませんが、きっと何かが違うんでしょうね。
菊花は育てるのに手間がかかるのだそう。正直素人の私は作品の良しあしの違いが全く判りませんが、きっと何かが違うんでしょうね。
華道は様々な流派から出展されていたようです。市民フェスタでお世話になった小原流の名もリストにありました。 まさに華やかで個性的な作品群に気分も上がります。
華道は様々な流派から出展されていたようです。市民フェスタでお世話になった小原流の名もリストにありました。 まさに華やかで個性的な作品群に気分も上がります。

・数人存じ上げている方の作品も出品されていて、短い時間で見ようとするとどうしても作品より出品者の名前を目で追ってしまう事になりがち。でも素晴らしい作品たちを目にして、お昼休みのひと時、芸術の秋を満喫させていただきました。



 

 アクセスカウンター
 

 

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. ふくはら駐車場
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング