一関市藤沢 第27区自治会

一関市藤沢 第27区自治会 農家組合との合同研修の様子

農家組合との合同研修の様子

基本情報

昭和49年設立。千厩と室根の境に位置する34世帯103人が暮らす農村地域。総務部、生活環境部、交通防犯部、産業部、福祉保健部、納税部、女性部、青年部で組織されています。

継続の秘訣はつながりと主体性

若者中心から多世代交流へ

 

 黄金山の麓に位置し、山から流れる小川には「ホタルの里(農地・水徳田活動組織が管理)」もある自然豊かな第27区自治会(藤沢)。今回は、長年自治会活動を支えてきた自治会長の星義弘さんと総務部長の星浩徳さんにお話を伺いました。

 決して大きな地域ではない27区ですが、若者が中心となり地域の交流を深めています。義弘さんは一度県外で働いたのち地元に帰って来ると、若者が活動するための組織として青年部を設置。当初は、子どもの健全育成を目的とした活動がメインでしたが、27区を皮切りに当時小学校区だった徳田地区内の5つの自治会に青年部ができ、自治会活動の他にも学校単位で地域の活動に協力したそうです。

 27区では現在、30代を中心とした5人のメンバーがOBのサポートをもらいながら青年部で活動しており、メンバーの確保は部内の若者が次の世代に声をかけることで活動が続いています。

 青年部発案で始まったビアガーデンは30年以上続いており、27区のみんなが集う機会になっています。当初は若者を中心とした行事でしたが、少子高齢化の影響もあり、近年では会費制で自治会の誰でも参加できるようにした結果、みんなが楽しめるようにと企画したビンゴゲームを楽しみにお年寄りの方も多数参加。毎年ほぼ全戸が集まり、交流できる良い機会に発展したそうです。

 また、新年会の際には子どもたちが大人にそば打ちを教わりながらみんなで食べ、合わせて防災講座と交通防犯教室を行うなど多世代が集える機会をつくっています。

みんなが主役の「若返り隊」

 27区では、平成28年度に藤沢町内では初めて「週イチ倶楽部」である「若返り隊」を立ち上げました。毎週月曜日に自治会館に集まり、体操や手芸、お茶会などを通じた健康づくりに取り組んでいます。

 「若返り隊」は、当時保健推進員だった佐藤喜久子さんが、地域での健康づくりと集いの機会にと市の週イチ倶楽部立ち上げ支援制度を活用して始めたのがきっかけで、佐藤さんは任期終了後も若返り隊の代表として活動を支えています。

 それまで27区では定期的に集まるサロン等がなかったため「続くか不安だった」と語る佐藤さん。立ち上げ時に女性部だけでなく、老人クラブにも声をかけたことで男性の参加者もおり、60代から90代の約13名のメンバーが集まっています。最初はすべて手探りでしたが、必要な備品を揃えることに悩んだ際には「これならうちから持って来れるよ」とみんなで持ち寄り、活動の途中で継続を悩んだ時にも「もう少し続けてみよう」という声をかけてくれるなど、周囲が協力的だったのだとか。

 また、無理なく続けられている秘訣は「みんなが運営主体」になっているからとのこと。佐藤さんと元区長の畠山清志さんが事務的なサポートをしつつも、特に「お世話役」を立てず、毎週何をやるかは参加者みんなで話し合い、それぞれ得意なことを活かして役割分担したり、後片付けも自分たちでやるなど、ほとんど参加者が自分たちで完結できるようになっています。

 浩徳さんのお母さんも参加されているそうで、「お菓子を作って持って行ったり、毎週月曜日を楽しみにしているようだ」と話していました。

 

※一関市が立ち上げ支援をしている週に1回以上、公民館や集会所等に集まって、「いきいき百歳体操」を中心とした運動を行う団体

 

連携することで安心して暮らせる地域に

 世代や性別、組織の枠にとらわれず、上手につながりを広げることで、活動を続けてきた同自治会。

 今後の自治会運営やコミュニティの在り方について、義弘さんは「地域づくりとは、何をやったかではなく、目に見えない安心や幸せを感じられる地域をつくることではないか。極端な話、何もしていなくてもみんなが幸せに暮らせていればそれでいいが、そうもいかないから何かしら起爆剤は必要。年々、自治会は細くなり、単独では限界が出てきているが、徳田地区は、自治会発足の前から徳田部落会を組織して活動してきた経緯があるので、地区単位でまとまるベースはできている。地区内自治会・団体と連携しながら活動を続けていきたい」と抱負を語ってくださいました。

 

Q.集落の自慢は何ですか?

自治会長

星義弘 第27区自治会 一関市 藤沢

ほし よしひろ

星義弘さん

 

自治会長は1期1年目ですが、若い頃に帰ってきてすぐに庶務に就任し、青年部を組織するなど自治会を支えてきたベテラン。

総務部長

星浩徳 第27区自治会 一関市 藤沢

ほし ひろのり

星浩徳さん

 

青年部長、文教部長を経て今年から総務部長に。義弘さんとともに長年自治会の中心メンバーとして活動に従事しています。


photo gallery

ビンゴゲーム

藤沢 第27区自治会 ビンゴゲーム

ビアガーデンで老若男女問わず一番盛り上がるビンゴゲーム。青年部が1人1個景品が行きわたるよう景品を準備します。

若返り隊

藤沢 第27区自治会 若返り隊

100歳体操の後は、間違い探しで脳トレをしたり、各自で作ったおやつや漬物を食べながら、次回の企画を話し合います。

新年会でのそば打ち

藤沢 第27区自治会

中山間地域等直接支払交付金を活用して育てたそばを使って、新年会で食べるそばを自分たちで打ちます。

有休農地で花壇

藤沢 第27区自治会 有休農地での花壇整備

自治会館の側にある遊休農地を活用した花壇では、花いっぱいコンクールの花のほか、ひまわりや菜の花も育てています。


 

 アクセスカウンター
 

 

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. ふくはら駐車場
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング

メルマガ登録

 いちのせき市民活動センターの主催講座や「idea」最新号のおしらせなど、新着情報を毎月無料で配信いたします。どなたでもお気軽にご登録ください。

※スマホ・携帯メールだとメルマガを受信できない場合がございますので、ご登録はパソコンメールでお願いします。

メモ: * は入力必須項目です