毎月さまざまなテーマで地域づくりについて考えていくコラムです。

※お願い※

記事内の写真や資料は、当情報誌での使用について許可をいただいて掲載しております。

無断での転載などの二次利用はご遠慮ください。

第55話(idea 2023年10月号掲載)

今月のテーマ

地域運営の落とし穴㊴

‘多様性’の難しさ

 

理想と現実 ~忘れられがちな視点とは~

 令和4年12月23日から、岩手県内で初となる「一関市パートナーシップ制度」の運用が開始されました。日常生活において様々な悩みや生きづらさを抱えている「性的マイノリティ」の方々の思いに寄り添い、パートナーとしての関係が尊重され、自らの意思と選択に基づいて、自分らしく生きることができる社会の実現にむけた取り組みです。

 

 この制度は、「第4次いちのせき男女共同参画プラン」において「個性の尊重と多様性への理解の促進」を重点施策に掲げ、性的マイノリティなど、多様性への理解の促進や人権教育の充実を図ることが基礎的考え方になっていますが、この‘多様性’について、重要性は理解できるのですが、‘どのように社会で実現するか’は、ものすごく難しいと感じています。

 

 多様性とは、生態系から働き方、文化まで、幅広い分野で語られるのですが、男女共同参画プランに掲げる多様性の場合は、‘人権’を中心とした文脈です。性別、年齢、国籍、障がいの有無などの‘属性’の多様性、価値観やライフスタイルなどの‘思考’の多様性を高めていかないと、「生きづらさ」を感じる人がおり、「誰一人取り残さない」社会が実現できないからです。この考えは、ものすごく理解できます。理解できるのですが、‘どうしたらいいものか?’という現実問題もあるのです。

 認知症を患っている方を支えている家族の中には、認知症による‘妄想’に悩んでいるケースも。

認知症にも様々な症状がありますが、Aさんの場合、被害妄想、嫉妬妄想が強く、隣近所にお茶のみに行っては、「家族からのいじめにあっている」などの話をしているようで、その話を聞いた近所の人から確認(心配)の電話が来ることが。本人は、いたって平然を装うので、他人からすれば認知症による被害妄想とは受け取れないのです。認知症ですし、介護保険のサービスを使って……と思うのですが、要介護認定の時に限って‘めちゃくちゃ頑張ったハイレベルな対応’をして認定レベルが上がらないという「介護あるある」はよく聞く話で、「家族が我慢するしかない」というのです。

 また、うつ病を患っている方を支えている家族の方は、状況の変化による症状の悪化に悩 んでいます。うつ病にも様々な症状がありますが、Bさんの場合、特定の家族に対して攻撃的になり、近づくことすら恐怖だと言います。誰かに相談しようにも、特定の人以外には攻撃することがないので、理解してもらうことが難しいのです。何とかしようと主治医に相談に行っても「守秘義務があるから本人が同席しなければ対応できない」と言われ、「何もできずに我慢する、距離を置くしかない」とのことです。

 

 一人ひとりが幸せに暮らせるように制度や支援策も多々ある福祉分野は、多様性の理解促進の手本となるようなもの。しかし、実際の制度や支援策は「本人支援」が中心になっていて、「家族支援」など、‘支える人’をカバーできていないことも……。

 

 疾患を抱えた方を支えるのも重要ですが、一方で、疾患を抱えた方の家族が我慢するのではなく、被害を受けたり、心労が絶えない「家族」「パートナー」の抱える苦しみに対しての理解を促す取組みや支援策がないと、支える側が疲弊してしまいます。

 

 「‘多様性社会’の理想」に「制度」が追い付かない現実は、身近な社会生活にたくさん潜んでいますが、守秘義務に該当するようなこともあるため、声にできない方も多いのだと思います。

 

 「誰一人取り残さない社会」は理想ですが、そのような社会になるためには、‘家族’や‘周囲’という‘自助領域’では到底難しく、‘公助領域’で専門的に検討し、仕組みが構築されることが必要でしょう。

 

 声なき声を拾うことは、難解課題を拾うことにもなります。いまの時代、‘課題の連鎖’が多く、複雑なケースが多いのも特徴です。難易度にも様々ありますが、誰一人取り残さない社会の実現のためには、見てみぬふりはできないと、強く思うのです。

訪問者数(累計)

アクセスカウンター

ひとまちミーティングロゴ画像

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

X(旧:Twitter)

facebook

LINE

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. タイムズ一関大町なの花パーキング
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング