「中学生が書いた消えた村の記憶と記録」

かつやま子どもの村中学校子どもアカデミー著(黎明書房)

 学校のすぐそばに消えた集落があることに興味をもった中学生が、県内・県外の消えた集落のくらしを現地まで出かけて直接見聞きして調べ、集落が消えた理由を明らかにする。そんな中学生がいたこと、そんな生徒たちが学ぶ中学校が日本に、しかも山村にあったことを知りました。日本の将来をも見すえた中学生たちの研究に驚嘆します。

中学生の素朴な視点での気付きや考察から、今後の日本の行く末について学ぶことの多い1冊だと思います。


 まず驚いたのは、この本をまとめた中学生たちが学ぶ中学校の存在です。

正式の名前は、学校法人きのくに子どもの村学園 かつやま子どもの村小学校・中学校 

私立中学校で、福井県勝山市にあります。

 学校のホームページによると、この学校で、もっとも大切にされているのは「プロジェクト」という授業です。

①実際的な生活の諸問題に題材を求める

②手足を使う体験的な作業を中心とする

③子どもが興味をもって自発的にとりくむ

④活動の中で、子どもが自分自身の知識を創造する

 といった特徴があります。総合的な学習の時間に該当するものかと思います。

具体的な活動としては、木工、作物の栽培、動物の飼育、料理、演劇などがあります。子どもたちは自分の属するプロジェクトを自分で決めることができます。さらに、集まった子どもと担当の大人で活動計画を立てて行います。

もちろん、国語や数学などの教科の時間はありますが、カリキュラムは公立学校より自由度は高いようです。


この本は、プロジェクト「アカデミー」での実践記録です。

中学生たちは学校の近くに消えた集落があることを知り、なぜ住民は去ってしまったのか。実際に集落の跡を訪ねて確かめ、かつて住んでいた人たちを訪ねて話を聞きます。そして町誌等の文献を読みながら考察を加えていきました。

地元勝山市内から隣接町村、そして他県へと調査の範囲は広がっていきます。


本の構成は次のようになっています。

第1章 中野俣の人とくらし―福井県勝山市(中野俣集落のくらし 中野俣が消えた理由 ほか)

第2章 横倉の人とくらし―福井県勝山市(横倉の栄えた頃 村がなくなった原因 ほか)

第3章 西谷村の人とくらし―福井県大野郡(西谷村の集落 くらし ほか)

第4章 日本各地の消えた村(徳山村の人とくらし(岐阜県揖斐郡) 脇ヶ畑村の人とくらし(滋賀県犬上郡) ほか)

第5章 私たちが考える消えた村(村が消える原因 村はのこすべきか ほか)


 最終章で中学生たちは村が消える原因を考察します。

 調査箇所は山村の豪雪地帯で、高度成長期に過疎が進んだ場所あることは容易に想像がつきます。共通する、豪雪、仕事、子どもの教育、…… このような理由で人々は村を去ったことをまとめています。また、村が消える原因をまとめるばかりでなく、村はのこすべきかを最後に問いかけます。

この本は一関市立大東図書館で借りることができます。


 

 アクセスカウンター
 

 

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. ふくはら駐車場
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング