市民活動とは?

ボランティア活動の移り変わり

昔のボランティアは無償で他人のために奉仕する行為の事でした。しかし阪神・淡路大震災でのボランティア市民の活動が街の復興に大きな役割を果たしたことをきっかけに、社会的な問題を解決する「新たな公共活動の担い手として」の役割が意識されはじめます。ボランティア活動を待つ市民が集まり、組織化されるようになりました。

昔と今のボランティアの違い

 

 

自発的に無償で奉仕する人。
●相手よりも優位に立っている。
●やりたいことをやっている。
価値を創造する人。
●専門知識を生かし楽しみを共有。
●地域や対象者の必要性がある。

 

市民活動について

組織化された市民による公共活動(市民活動)とは、継続性のある公共的・公益活動として楽しみを多くの人と共有し、課題を解決するための自発的な問題解決行動の事を指しています。地域で暮らす市民一人一人が「地域を何とかしたい」という想いを持ち、団体が「まちの困ったを皆で解決する」ための様々なビジョンがあります。

地域の課題を解決したいという想い

  • 車椅子の人が自由に出歩ける街にしたい。
  • 不登校の子供たちに勉強を教えたい。
  • 子育て中で悩んでいるお母さんを支えたい。
  • 歴史的な街並みを保存したい。
  • 街の中心に元気を取り戻したい。

市民活動の役割について

これまでの社会は行政と企業に支えられていると考えられてきました。行政がある社会的なサービスを提供するためには広く多くの人の了解が必要です。また、企業は利益が上がる見込みのないサービスを提供する事は考えにくいものです。市民活動は、その結果生まれた「行政や企業が扱いにくいニーズ」に対応する活動をします。

新たな公共の担い手

  • ボランティアの人たちが集まり、すばやく、多様な活動を行う。
  • 企業と行政の隙間にあるニーズを見つけ、自分達で活動を行う。
  • 時代や価値観の変化によって生まれた、困っている人のサポートを行う。

 

 アクセスカウンター
 

 

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. ふくはら駐車場
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング