センターの自由研究 旧町村・ご当地柄マンホール

旧東山町のカラーマンホール蓋(展示用)

画像提供:一関市役所東山支所

 今回は、地域担当スタッフが移動中に発見した旧町村の汚水マンホール※をご紹介します。それぞれの地域の特色や象徴的なものをモチーフにしているデザインマンホール。普段よく見かけるけど、「しっかり見たことがない」という方も多いはず!ぜひこの機会にじっくりとご覧ください♪

※マンホールには様々な種類がありますが、今回は汚水マンホールを特集しています。

 厳美渓の風景に市の鳥オシドリ、その右側には一関市の市章が描かれています。

 後方にある橋は、厳美渓の上流に架かっている「長者滝橋」です。

 

 旧花泉町の町の花は桜。その桜がマンホールの蓋にびっしりと描かれています。さすが、花のまち「花泉町」です。中央は旧町章です。

 

 旧大東町のマンホールは、町の木けやき・町の花つつじ・町の鳥ウグイスが描かれ自然豊かな環境をマンホールの蓋に表しています。

 

 

 中央に大きく旧町章が描かれ、その周りを囲むように町の花やまゆり、町の鳥ウグイス、馬の横顔が描かれています。千厩といえば馬産地として有名でした。

 

 東山町といえば猊鼻渓。岩手県で最初(1923年10月8日)に、国の名勝に指定されました。渓谷を背に、船に乗るお客さんと船頭さん。今にも船頭さんの歌が聞こえてきそうです。

 

 「おらが自慢のでっかい花火」で知られる川崎町。旧村のマンホールはやっぱり北上大橋をバックに盛大な花火!今年の夏も楽しみです。

 

 

 「マーチングの町・藤沢」ならではのマーチングをしている風景が描かれているマンホール蓋。FMA(藤沢マーチングの略)と描かれた旗を持った町の鳥ヤマバトを先頭に、トランペット、ドラムと続きます。音符なども描かれ見ていて楽しいマンホールです。

 続いても藤沢地域内のマンホール。縄文人(※下記写真)をモチーフにしたデザインのようですが、上下左右の位置が不明でした。

藤沢市民センター前の縄文人モニュメント

 旧室根村は下水集合処理外地域であり、個別の浄化槽で対応しているため「汚水のマンホールはない」とのこと。もし、ご当地柄マンホールがあるとしたらどんな柄だったのでしょうか?


 今回の自由研究「ご当地マンホール!」汚水マンホール以外にも様々なマンホール蓋がありますので、面白い柄のマンホール蓋を探しながら地域を探検するのも楽しいと思いますよ。

 ただし、車道は危険ですので避け、くれぐれも周囲の安全を確認してくださいね!(無事に帰るまでがマンホール蓋観察です)


 

 アクセスカウンター
 

 

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. ふくはら駐車場
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング