インアーチ参観日 参加レポート

市内各地域・各分野で活動する市民活動の連携を促進し、有益な情報交換・情報提供の実施などを通じて、各団体の成長へと繋げることを目的に活動している「いちのせき市民活動促進会議インアーチ」では、平成27年度から団体同士の相互理解と交流を図るため「インアーチ参観日」を開催しています。

7月は北上川の活用を通じて地域の活性化に取り組む、NPO法人北上川サポート協会さんを訪問し、川崎防災センターの内部を見学したり、船に乗ったりと、団体の取り組みや北上川に関する理解を深めました。

川崎防災センターにて

団体紹介

団体の活動拠点である川崎防災センターは、一関市から指定管理業務委託を受け、地域の方々に親水活動の交流施設として利用されています。

施設には調査船ゆはずの格納庫や研修室があり、夏は親子レク等でカヌー体験に来る方も多いそうです。棚に積まれた親水用具に、皆さん興味津々です。


船に乗り、北上川を体感

体験乗船

レクチャーを受けた後は、木船の長生丸とゴムボートのかわさき1号にいざ乗船!北上川の説明を聴きながら、10分間ほど遊覧しました。また、川で溺れた人の救助の仕方や、川っ子まつりについてのお話しを聴いたほか、ゴムボートをトレーラーに引き揚げる所を見学させてもらいました。


有事の際に役立つ!ロープワークを学ぶ

講習会

 事務局長の金野さんより、日常生活に利用できるロープの結び方、川が氾濫した時の救助法等、ロープを使って①助ける方法・②助かる方法を教わりました。複雑な結び方を次々に見せる金野さんの手つきに、皆真剣な眼差しです。リクエストに応え、トラックの荷台のロープの結び方も学びました。


流しそうめんとBBQ!

昼食

お昼は流しそうめんとバーベキューで親睦を深めました。北上川サポート協会さんに食材や道具を準備していただき、参加者の皆さんは、空の下、開放的な気分で交流を楽しみました。最後は、北上川サポート協会さんの挨拶で参観日が締めくくられ、拍手で幕を閉じました。


北上川サポート協会さんの参観日を終えて

参加者の方から、防災ステーションの設備や備品について「こんなものがあるのは知らなかった」、体験乗船では「北上川について勉強になった」という声が上がるなど、多くの発見がある有意義な時間となりました。 

インアーチは、一関・両磐地域で活動する市民活動団体はもちろん、市民活動に興味がある個人や企業の方の参加もお待ちしています。

 

 アクセスカウンター
 

 

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. ふくはら駐車場
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング