HP更新中

※お願い※

記事内の写真や資料は、当情報誌での使用について許可をいただいて掲載しております。

無断での転載などの二次利用はご遠慮ください。

 

(idea2021年8月号掲載)※掲載当時と現在では情報が変わっている可能性があります。

くらし調査 ファイル№14「舟のある暮らし」

 藤沢町黄海・小日形集落を通過した際に目に留まった「軒下に吊られている木舟」。「どうやってあんな場所に!?」という単純な疑問とともに、同様の家が数軒あり、中には野ざらしで放置された木舟もあったことから「木舟が必需品だった過去がある」と推測。いつ、何の目的で、どこからどこに舟を使用していたのか、そしてその需要がなくなったのはいつ頃なのか……。「舟のある暮らし」に想いを馳せてみました。

※記載内容はあくまでもセンター独自調査の結果です。

「舟運」と「備え舟」

  坂上田村麻呂が舟運を目的とした低水工事を行うなど、平安時代以前から物資運輸の舟運が行われていた北上川。特に江戸時代以降は、年貢米の供出や、江戸や京都との物資輸送に舟運(各藩による「ひらた船」等)が大活躍。川港となった地域は宿場町として栄えました。

 

 年貢米がなくなった明治前半には、舟運が民営化。蒸気船や発動機船の定期航路が運行され、陸路の整備が進む明治30年頃までは北上川の舟運が生活を支える大動脈でした。

 

 他方で、北上川では江戸時代の約270年間に213回、明治から昭和35年までの93年間には116回と、水害も多数発生し、水害常襲地帯となっていた地域も多くありました。戦国時代以前は、取水が行いやすく、洪水に対しても安全な支川扇状地に集落が形成されていましたが、大名による新田開発に伴い、北上川本川の川沿いに生活の場が移っていったことも影響しています。

 

※「国土交通省一関防災センター北上川学習交流館」ホームページより

 

 そんな水害常襲地帯に暮らす家々が所有していたのが「備え舟」。木造の舟で、各家の軒下などに吊るしてありました。

 

 また、木造の和舟は、陸路の交通手段が確立されるまでは、対岸への移動手段としても活躍。「渡船場」と呼ばれる渡し舟の発着所が川岸各所に開設され、民間の渡し舟のほか、集落等が共同で渡し舟の運行を行うなど、地域住民の足を支えていました。

 

 陸路の整備や車の普及によって「移動手段」としての舟は必要なくなったものの、「備え舟」が今も軒下に吊られている光景を見ることができる当地域。「暮らし」を支えた「備え舟」は、どんなタイミングで、どのように用いられていたのか、当時の様子を各地でヒアリングしてみると、予想外の用途の連続でした……!

 

 

北上川上流狭嗌地区

 今回、中心的にヒアリングを行ったのが、現在の一関遊水地やその周辺、左記の北上川上流狭隘地区に住んでいる/過去に住んでいたという方々。

 このエリアの中には、治水事業の一環で移転した家や、治水事業以前に移転していた家(水害被害を受けて転居)が多くあります。 

 こうした地域に住んでいた家では「備え舟」を持っていたり、移動手段として「舟」を使った経験を持っているようです。

 


 

 

 川沿い集落の暮らしの使い方

 陸路が整備されるまでは、川沿いに暮らす人々にとって「暮らしの必需品」だった舟。特に水害発生時の「備え舟」としての舟は、逃げるための道具かと思いきや、「生活を続けるため」の道具として、予想外の機能を果たしていたことが判明!「川と共に暮らしていた」人々の生活の知恵をご紹介します。

 

〈当地域における北上川に関連した主なできごと〉

♥point1

お嫁さんは「縁側」から「おかみ」へ

(諸説あり)

お嫁さんは縁側からおかみへ

 

 

 

「お嫁さんは玄関からではなく勝手口から入る」という話が多く聞かれる中、「近親の人に抱えられて縁側に降り、まずは‘おかみ’に行く」という説も同様に聞かれます。その理由が、「まずはご先祖様(=仏壇)にご挨拶をし、婚礼の儀式を終え、正式に‘家の人’になったならば、改めて勝手口から家に入り、‘ご飯を作る人’になったというパフォーマンスをする」というもの。「おかみ」では、ご先祖様への挨拶のあとは「よめごつくり」と呼ばれる美容師さんのような方に、花嫁行列で乱れた身なりを整えてもらい、儀式を待ちます。

 

 


 

♡point2

儀式は「座敷」を開放し、「なかま」では受付と御膳の準備!

「ダイドコ」では「めいばんし」が

お手伝いさんたちに料理の指示だし

 

 

 

「嫁取り」 座敷(でい)等の間取り

 「上(奥)座敷」と「下座敷」の2部屋を持つ家では、襖を開け払い、続き間にして婚礼の儀式を行います。下座敷に続く「なかま」は、最初は受付などを行いますが、参列者が全て座敷に入った後は、参列者それぞれの前にお出しする御膳の準備会場に大変身!その時が来たならば、一斉にお持ちできるよう、配膳作業が行われます。料理そのものは、集落内の「めいばんし」等と呼ばれる料理人が指示役となり、近隣の女性たちによって作られます。

 

♡point3

 

「御取り持ち役」が指示する「御座割」

「嫁取り」 昭和期の「祝言」における座割り

            ▲古式では「盃事」は当事者のみ(花嫁・花婿・媒酌人等)で行いましたが、 

             次第に崩れ、参列者のいる前で行われるようになっていったようです。                 


 当市域の婚礼儀式で最も重要な役となるのが「御取り持ち役(「おどりもち」などと呼ばれる)」。進行役のような存在ですが、「御座割」と呼ばれる席順の指示も同役が行います。近年は新郎新婦が正面に座りますが、当時は「内位」「客位」に分かれ、対面するように座りました。

 

 また、上座には「御諸親様(おもらいさま)」として、客位にあたる方の諸親(もろおや=両親)が着座。つまり、嫁方の家での儀式では婿方の諸親が、婿方の家での儀式では嫁方の諸親が「御諸親様」になります。

 

 その両脇には「脇諸親様(わきもらいさま)」と呼ばれる御諸親様に代わって話す父母の兄弟等が着座。

 

 客位の先頭には「肴はさみ」と呼ばれる「御土産」の肴等を運ぶ役が座り、その次には「媒酌人=仲人」が座ります。当時、仲人は夫婦が勤め、夫が婿方に、妻が嫁方につき、それぞれの世話をしたようです。なお「肴はさみ」は謡曲が謡える人が勤めた、という話も聞かれました。

 

 その隣に花婿・花嫁が対座し、それぞれの隣には「待女房(待女郎)役」「嫁添」が着座。「待女房役」は花婿の姉や叔母など、婿方の家の勝手を知る人物が勤め、全国的には「待女房役」が指示役となって花嫁をエスコートするようですが、当市域ではあまり大きな存在感はなさそうです。

 下座敷側には、「御取り持ち役」や本家、「手前諸親様(てまえもらいさま)=御諸親様ではない方の諸親」が座り、その後ろには親類、近隣住民などが参列します。

 

 

♡point4

床の間には「床飾り」

「しつけ道場」で練習するという「床飾り」。写真は大東町興田の小山鉄夫さんが昭和初期に同道場で習った床飾りを再現したもの。

しつけ道場で練習するという「床飾り」

■□誌面未掲載情報□■

誌面では割愛させていただいた、今回の調査に係る情報です。

なお、市内各地で様々な方にヒアリング協力もいただきました!

この場を借りてありがとうございました。

 

<書籍・論文> ※順不同

畠山宗太郎(2004)『所家風喜多流の里 岩手県南方言「ふんさ゜ぁべん」属編図書』

田河津公民館(1994)『所風の略式をもって取り行いぁんす-田河津弁を使って-』

猿沢地区老人クラブ連合会(1997)『おれたちの若いころ-思い出 あの時代を今に-』

千厩農業改良普及所・室根村・室根村公民館(1977)『むらのならわし 生活行事』

一関文化会議所創立20周年記念事業委員会(編)(2010)『史料が語る郷土』NPO法人一関文化会議所

一関市史編纂委員会(編)(1977)『一関市史-第3巻 各説Ⅱ-』一関市

小平久馬(1929)『日本婚礼式:附・一般礼式、性の教育、九星の相性』

熊谷正雄(1931)『国民礼法』小笠原流国民礼法刊行会

玉置一成(編)(1916)『故実と新式日本婚礼式 下巻』

永島藤三郎(1918)『結婚式概要』

高橋秀子・東海林明宏(2015) 「岩手県一関市奥玉地区で行われていたしつけ道場の講義本の特徴」日本家政学会『日本家政学会誌VoL66 №10』512~520ページ

斎藤美奈子(2006)『冠婚葬祭のひみつ』

互助会保証株式会社・全日本冠婚葬祭互助協会(編)(2014)『冠婚葬祭の歴史-人生儀礼はどう営まれてきたか-』

小笠原敬承斎(1999)『図解美しいふるまい-小笠原流礼法入門-』

小泉和子(編)(2014)『昭和の結婚』

 

<協力>

厳美市民センター:「むかさり行列」に関する映像資料提供

一関民俗資料博物館

小山鉄夫さん(大東町興田)

 

その他たくさんのみなさま

 

 

調査にご協力いただいたみなさま、ありがとうございました! 

↓実際の誌面ではこのように掲載されております

idea7月号 自由研究 キャプチャ画像

訪問者数(累計)

アクセスカウンター

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. タイムズ一関大町なの花パーキング
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング