平成30年度 まちづくりコーディネーター養成講座 開催報告

第1回「まちづくり概論 ~地域づくり×地域福祉~」

開催日:平成30年7月11日(水)

講 師:小野寺浩樹 いちのせき市民活動センター センター長

    菅原敏   一関市社会福祉協議会 地域福祉課長

 

全6回の本講座の初回は、まちづくりコーディネーターとして地域と関わっていく時に欠かせない考え方を共有しました。

地域づくり概論

前半は、当センター長の小野寺から「まちづくり」とはそもそもどういうことなのか、コーディネーターとして地域に関わる私たちのミッションを共有しました。

「地域おこし」にスポットが当てられる中、コーディネーターとして欠かせない「地域づくり」の視点とは何か、まちづくりは市民だけでも行政だけでもなくそれぞれの立場や分野の強みや役割を理解してみんなが主体となって関わること、人口動態や地域の変化を踏まえて「なぜ今まちづくりなのか?」という背景を説明。

 

そして、「コーディネーターとして地域に入るときは、何かをやらせたり、地域を引っ張っていくのではなく、『何が今課題や負担になっているのか』、地域の運営の仕組みに目を光らせなければいけないと指摘がありました。

地域福祉概論

後半は、一関市社会福祉協議会の菅原敏さんから地域福祉について、「地域づくりは『福祉』を実現させる営みではないか」という投げかけからスタート。

「どの現場でもまだまだ『分野の壁』を超えられず、住民が困惑していないか、負担が増えていないか」という指摘には、参加者からも頷きが…。

 

「『福祉』は身近な暮らしのことを考えること」とし、普段の自治会活動やサロン活動、ご近所同士のちょっとした助け合いなどが既に福祉の活動になっていること、そうした日常的にやっていることへの意味づけをしていくこと、そこに関わる縁者を増やすことで、「地域づくり」と「地域福祉」と無駄に区別せずに、同じゴールへ向かっていけるというメッセージがありました。

どちらからも「コーディネーターは住民に考えて決めさせて、活動を通して自信をつけてもらう」「できることを応援して、できることを増やしていく」という共通の話があり、地域との関わり方や目指すところは同じであると共有しました。

最後に、参加者の皆さんから活動紹介や告知をしていただきました。



講師を務めていただいた菅原さん、ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

 

次回は「意見の引き出し方①~ファシリテーション入門/8月8日(水)」です。

定員間近となっておりますので、お申込みはお早めに!

申込みフォームはこちら

 

 アクセスカウンター
 

 

開館時間

  • 9時~18時

休館日

  • 祝祭日
  • 年末年始
  • (12月29日から翌年1月3日まで)

いちのせき市民活動センター

  • 〒021-0881 
  • 岩手県一関市大町4-29 

    なのはなプラザ4F

  • TEL 0191-26-6400
  • FAX 0191-26-6415
  • Email 
  • center-i@tempo.ocn.ne.jp

せんまやサテライト

  • 〒029-0803
  • 岩手県一関市千厩町千厩字町149
  • TEL 0191-48-3735
  • FAX 0191-48-3736

twitter&facebook

駐車場のご案内

なのはなプラザ4Fのいちのせき市民活動センターをご利用されるお客様は、以下の有料駐車場に車を停めた場合、最大3時間まで料金が無料になります。当センターご利用の際に、駐車場無料券を発行しますので、詳しくは窓口までお問合せください。

 

  1. 一ノ関駅西口北
  2. 一ノ関駅西口南
  3. 地主町駐車場
  4. ふくはら駐車場
  5. マルシメ駐車場
  6. すがけい駐車場
  7. 大町ニコニコパーキング